消防組織法

消防組織法第34条

広域化対象市町村は、市町村の消防の広域化を行おうとするときは、その協議により、広域化後の消防の円滑な運営を確保するための計画(以下この条及び次条第2項において「広域消防運営計画」という。)を作成するものとする。

 広域消防運営計画においては、おおむね次に掲げる事項について定めるものとする。

 広域化後の消防の円滑な運営を確保するための基本方針

 消防本部の位置及び名称

 市町村の防災に係る関係機関相互間の連携の確保に関する事項

 広域化対象市町村が、広域消防運営計画を作成するため、地方自治法(昭和22年法律第67号)第252条の2の2第1項の規定により協議会を設ける場合にあつては、当該協議会には、同法第252条の3第2項の規定にかかわらず、規約の定めるところにより、関係市町村の議会の議員又は学識経験を有する者を当該協議会の会長又は委員として加えることができる。