カルシウムまたはアルミニウムの炭化物(危険物第3類)

カルシウムまたはアルミニウムの炭化物

自己反応性物質および禁水性物質

カルシウムまたはアルミニウムの炭化物

炭化物とは、炭素と陽イオンからなる化合物のことで、カルシウムまたはアルミニウムの炭化物にはつぎの物があります。

  • 炭化カルシウム
  • 炭化アルミニウム

炭化カルシウム

形状

純粋なものは無色透明の結晶

不純物は灰色

性質

  • 比重 2.22
  • 融点 2300℃
  • 水と反応してアセチレンガスと熱を発生し、水酸化カルシウムになる
  • 吸湿性がある
  • 高温では強い還元性を有して多くの酸化物を還元する
  • 不燃性

危険性

  • 水分と反応して発熱、可燃性のアセチレンガスを発生させる
  • アセチレンガスは銅、銀、水銀と爆発性物質をつくる
  • 高温で窒素ガスと反応させると石灰窒素を生成する

貯蔵・取り扱い方法

  • 水分、湿気を避けて乾燥した場所に貯蔵する
  • 火気に近づけない
  • 必要に応じて不燃性ガス(窒素など)を封入する
  • 貯蔵容器は密栓して冷暗所に貯蔵する

消火方法

  • 粉末消火薬剤または乾燥砂で窒息消火
  • 水系消火剤は使用しない

炭化アルミニウム

形状

純粋なものは無色透明の結晶

不純物は黄色

性質

  • 比重 2.37
  • 融点 2200℃
  • 1400℃で分解してメタンガスを発生する
  • 水と常温で反応してメタンガスを発生し、水酸化アルミニウムになる

危険性

水分と反応して発熱し可燃性のメタンガスを発生さえる

貯蔵・取り扱い方法

  • 水分、湿気を避けて乾燥した場所に貯蔵する
  • 火気に近づけない
  • 必要に応じて不燃性ガス(窒素など)を封入する
  • 貯蔵容器は密栓して冷暗所に貯蔵する

消火方法

  • 粉末消火薬剤または乾燥砂で窒息消火
  • 水系消火剤は使用しない