鉄粉(危険物第2類)

鉄粉

可燃性固体

危険物第2類 鉄粉とは

鉄粉とは文字のままの意味で鉄の粉です。

危険物としてあつかう鉄粉は、網目が53マイクロメートルの網ふるいを50%以上通過するものを第2類の危険物とします。

なぜ鉄粉が危険物になるかというと、酸化表面積が大きくなり、熱伝導率が小さくなるため、加熱すると発火する危険性があるからです。

1ミリは1000マイクロメートルです。ですのでそうとう細かい鉄粉が危険物ってことですね。

ちなみに小麦粉(強力粉)は10~130マイクロメートルだそうです。

鉄粉

形状

灰白色の粉末

性質

  • 比重 7.9
  • 融点 1,535℃
  • 沸点 2,750℃
  • 水に溶けない
  • アルカリに溶けない
  • 酸に溶けて水素を発生する

危険性

  • 油分が染みた切削屑(機械などで削った屑)は自然発火する危険性がある
  • 加熱、火気と接触、打撃によって発火する危険性がある
  • 酸化剤と混合すると、加熱、衝撃により爆発する危険性がある
  • 空気中に飛散すると粉塵爆発の危険性がある

貯蔵・取扱い方法